カテゴリ:中近東( 2 )
エジプトで見つけたおいしいものたち
まずは、今回の旅の友「STELLA」ビール。
45度の熱風を歩いた後、乾いたのどを潤してくれました。
エジプト人はイスラム教徒がほとんどなので一般的にはアルコールを飲みませんが、
外国人観光客が集う場には普通に常備されています。
国産ながら「輸出用」のステラ・ビールは、
アサヒスーパードライのようなすっきりした飲み口です。

e0177769_1049522.jpg



イスラム圏のお菓子は、一般的にすごく甘くて苦手だと思っていたのですが、
エジプトで食べた「コナーファ」はめちゃめちゃおいしいです!!
ココナッツを練りこんだタルト生地の上に、さらに鳥の巣状のココナッツとアーモンドを乗せて焼き上げた、
お味と食感を楽しめるお菓子です。
ほんとにお勧めです。

e0177769_10501883.jpg



出発前から興味津津だった「コシャリ」。
コシャリとは、米、マカロニ、スパゲティ、レンズ豆といった食材の触感が楽しい
エジプトの庶民的なメニューです。
今回は一度しか食べる機会がなく、帰国して私がチャレンジしてみました!

e0177769_10504393.jpg
e0177769_10505741.jpg


今回は「赤いんげん豆」をトッピングしてみました。
ソースを変えてアレンジしても美味しいと思いますよ。
簡単にできますから、想像するよりまずはお試しあれ!

★TiTi(八巻多鶴子)が手がけるジュエリーブランド「deTiTi」 のウェブサイトはこちら。
[PR]
by deTiTi-travel | 2009-08-18 11:02 | 中近東
エジプト旅行記 第1章 ギザの三大ピラミッド
お待たせしました!
エジプト旅行記スタートです。
第1回目は、世界の七不思議にも数えられる「ギザの三大ピラミッド」をご紹介します。

e0177769_16525917.jpg


エジプトといえば、誰もがイメージするのは、カイロのギザ三大ピラミッドではないでしょうか。

エジプトの首都カイロ近郊のナイル河西岸にあるギザからダハシュールまでの
ピラミッド地帯は、1979年に世界文化遺産に登録されています。
カイロの南25kmにある古王国時代(前2700~2200年)のメンフィスを中心に
約80ものピラミッド群が集中していて圧巻です。

ギザのクフ王、カフラー王、メンカウラー王の三大ピラミッドは、オリオン座の3つの星に
対応した位置関係にあるとされているのも、なんとも壮大でロマンチック。
また、古代エジプト人は、太陽信仰があったことから、「太陽へ昇る階段」として
ピラミッドを崇めていました。

「世界の七不思議」とは、紀元前2世紀にビザンチウムの数学者・フィロンの書いた
「世界の七つの景観」の中で選ばれた、古代の地中海地方に存在していた
7つの巨大建造物を指しますが。
その中で4500年の時を経て現存するのは、唯一ピラミッドだけなのです。



*クフ王のピラミッド

古代エジプトのファラオの中で、ツタンカーメンと並んで有名なのがクフ王です。


エジプトで、ギザの三大ピラミッドの中で一番大きなものが
クフ王の作ったピラミッドになります。(現在の高さ138.8m)
ギザのピラミットだけではなく、古代のエジプト史上を見ても、最大級のピラミッドになります。

現在、見学者は大ミラミッドの創建時の入口の右下にあるイスラームの
カリフが開けた盗掘坑から内部に入ることができます。

入口から狭く蒸し暑い通路を進むと「王の間」に至りますが、部屋の奥に
蓋のない花崗岩製の石棺が置かれているだけ。
クフ王の墓というには質素な空間でした。

e0177769_15141413.jpg


*カフラー王のピラミッド

三つ並んだピラミッドのうち、中央に鎮座しているのがカフラー王のものです。
作られたのは紀元前2530年頃でカフラー王のピラミッドの高さは約143m
基底の一辺は215mあります。
頂上付近に創建当時の化粧石が一部残っています。


*メンカフラー王のピラミッド

メンカフラー王とは、クフ王を祖父、カフラー王を父に持つファラオ(王)で、
紀元前2500年代に王位についていた人物です。
三大ピラミッドの中では一番小さなもので、
第1、第2ピラミッドと比べると半分ほどしかありません。


砂漠から3大ピラミッドを一望することができます。

e0177769_1653248.jpg

*人面獣身スフインクス

スフィンクスはエジプトだけではなく、メソポタミア神話やギリシャ神話にも登場します。

エジプトにある他のスフィンクスは、体はライオン(=強さ)で、顔(頭=冷静・知性)は
山羊の形をしているのですが、ギザの大スフィンクスは第2ピラミッドを
建造したカフラー王が後に、カフラー王の顔に掘り変えられたとも言われています。

長い間砂漠の砂に埋もれてたスフィンクスの全貌は、ようやく100年前にも満たない
近年になって明らかになりました。

e0177769_15145579.jpg


初めて見たピラミッドは、その大きさ、悠久の時間の流れのスケールに圧倒され、
一瞬タイムトリップしたような錯覚に陥るのでした。
[PR]
by detiti-travel | 2009-08-10 15:15 | 中近東



deTiTi TiTiの好奇心を巡る旅ブログ
by detiti-travel
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
TiTi(ティティ)
八巻多鶴子。東京生まれ。
85年よりトキオクマガイ
などのアタッシュドプレスを経てファッションデザイナー
永澤陽一のパートナー
としてパリコレクションを
発表するかたわら、代表
取締役として数々の
ブランドプロデュースにも
携わる。
2006年12月にジュエリーブランド「deTiTi」を発表。同年、宝石界の権威
GIAが認定「JAIPUR JEWELRY SHOW」に
日本人初の招待デザイナーとして出展。最も優秀な
ブースとして表彰される。
2008年青山に「deTiTi」の
初の路面店をオープン。
洋と和、伝統とモダンを
融合した手仕事による
逸品のほか、造詣の深い
和装小物も手掛ける。

■deTiTi ウェブサイト
www.titi-kt.com
■TiTi の日常を綴った
華麗なるジュエリーデイズ
■deTiTi 雑誌掲載
Press News deTiTi

■deTiTi 過去ブログ記事
http://detiti.blog21.fc2.com/


カテゴリ
全体
序章
ヨーロッパ
アフリカ
東南アジア
北米
中近東
北米
ホテルセレクション
日本
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧