エジプト旅行記 第4章 古代エジプトの遺跡の象徴アブ・シンベル神殿
いわゆる遺跡の象徴、と言えば「アブ・シンベル神殿」。
悠久の時を経て岩山の頂きに現れる岩窟神殿のこの遺跡は、
見るものを圧倒する素晴らしさです。

1960年代にアスワン・ハイダムの建設により、この神殿を含むこの辺り一帯が
ダムの底に沈むことになります。
そこでユネスコが国際的な救済活動を開始、アブ・シンベル神殿は正確に分割されて、
60m上方の丘へ移築されたのです。
世界遺産という制度はこの遺跡の移築をきっかけに生まれ、もちろんアブ・シンベル神殿は世界遺産を象徴する遺跡として世界文化遺産に登録されています。

紀元前1250年頃に古代エジプト第19王朝のファラオ・ラムセスII世が建造した神殿は大神殿と小神殿からなり、大神殿は太陽神ラーを、小神殿はハトホル女神を祀っています。

e0177769_16342296.jpg


入り口を飾るのが、青年期から壮年期までの4体の巨大なラムセスII世像。
さらにこの神殿では、年に2回神殿の奥まで朝日が届き、神殿の奥にある神々の像を
明るく照らすといわれています。
その2回というのが、ラムセス2世の生まれた日と、
王に即位した日というのですから驚きです。。
今から3000年以上前に、ナイルの果てにこんなすごいものを造ったなんて、神殿の壮大さにもファラオの権威にも圧倒されてしまいます。

e0177769_16345097.jpg


小神殿は正面に10m近い王と王妃の像が6体あって、それぞれの像の両脇に
王子や王妃のレリーフが刻まれています。

e0177769_16351083.jpg


神殿の入り口にて。これはオリシスのポーズです。

e0177769_16352722.jpg


ライトアップされた神殿も想像以上の幻想的な美しさです。

e0177769_1635493.jpg



真っ青な空、澄んで乾ききった空気の中に、ナッセル湖を見下ろすように巨大な建造物が浮かび上がる姿を堪能するのには、誰もいないオフシーズンで正解。
ナイルの流れも美しく、「遥か遠くの地まで来た」という感慨が去来しました。

e0177769_16361293.jpg

[PR]
by deTiTi-travel | 2009-08-29 16:38 | アフリカ
<< エジプト旅行記 最終章 ネフェ... エジプト旅行記 第3章 ナイル... >>



deTiTi TiTiの好奇心を巡る旅ブログ
by detiti-travel
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
TiTi(ティティ)
八巻多鶴子。東京生まれ。
85年よりトキオクマガイ
などのアタッシュドプレスを経てファッションデザイナー
永澤陽一のパートナー
としてパリコレクションを
発表するかたわら、代表
取締役として数々の
ブランドプロデュースにも
携わる。
2006年12月にジュエリーブランド「deTiTi」を発表。同年、宝石界の権威
GIAが認定「JAIPUR JEWELRY SHOW」に
日本人初の招待デザイナーとして出展。最も優秀な
ブースとして表彰される。
2008年青山に「deTiTi」の
初の路面店をオープン。
洋と和、伝統とモダンを
融合した手仕事による
逸品のほか、造詣の深い
和装小物も手掛ける。

■deTiTi ウェブサイト
www.titi-kt.com
■TiTi の日常を綴った
華麗なるジュエリーデイズ
■deTiTi 雑誌掲載
Press News deTiTi

■deTiTi 過去ブログ記事
http://detiti.blog21.fc2.com/


カテゴリ
全体
序章
ヨーロッパ
アフリカ
東南アジア
北米
中近東
北米
ホテルセレクション
日本
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧